Home おしらせ 校舎案内 KKS 小・中学生 スパイラル 講習 お申し込み・お問い合わせ 文集@

スパイラル 80万題の問題のトレーニングプリント。
好きな単元を自分のペースでできる!




小学生4・5・6年:毎週木・金
     (PM5:10〜PM5:55・PM5:55〜PM6:40)
中学生:毎週水
     (PM7:20〜PM9:50)


 問題には、算数・国語・理科・社会はもちろん小学英語もあります。ただお勧めするのは算数・国語です。高学年になるにつれて問題も難しくなり、算数は計算問題がややこしくなり嫌いになったり、国語は文章の読解力で悩んでしまうお子様もいらっしゃるかと思います。
 ジムでは、前の学年の問題にさかのぼり苦手な問題を克服することができます。

算数
 計算・文章問題・図形など、基礎から学習します。
 計算の基本となる、たし算・ひき算・かけ算・わり算を練習します。高学年で苦手になりがちな文章問題や図形問題も繰り返し取り組むことによって苦手意識をなくしていきます。

国語
 漢字の読み書きを反復練習することで、漢字をしっかりと覚えていきます。文章問題も要点をつかみとれるようにしっかり分別されています。


 学校や、塾で習いたての学習内容を復習すると効果的です。スパイラルは教科書やノートを見て覚えるだけはなく、専用の参考プリントを読んで理解し、問題を解き、間違えたところの解説を見てしっかりと覚えることが出来ます。
 また、各教科単元別に問題がありますので、ピンポイントで苦手な教科の単元を学習することができます。

通常
 普段はステップ問題・チェック問題に取り組み、その単元がしっかり理解できているかを確認していきます。
 さらに、もう少し難しい問題に取り組みたい生徒用にチャレンジ問題というワンランク上の問題もあります。

テスト前
 テスト対策専用の問題があり、学校のテストに似た問題に取り組むことが出来ます。

入試対策問題
 中3生用に入試問題の単元があります。入試問題に取り組むことで、問題に慣れることが出来ます。

 学習状況を確認しながら、学習計画カードを作成。コンピュータで80万もの問題の中から、希望に沿った最適の問題を選び、その場でプリントアウト。問題を受け取って自分の席に戻り、トレーニング開始です。

 ラーニングの最初の部分には、その単元の重要ポイントがしっかりと解説されています。まずはそのポイントを熟読します。その後『練習しよう』という練習問題があるので、解説を見ながら問題に取り組みます。終了したらコンピュータに入力し、ステップ問題に取り組みます。

 ラーニングを終えたら、ステップ問題に取り組みます。自己採点してコンピューターに得点を入れます。得点に応じてコンピュータが次の問題を選んでプリントアウトします。間違えが多い時には、「リトライ(弱点補強問題)」が出ます。出来るところはどんどん進み、間違えが多いとちゃんとやり直してくれる仕組みです。

 単元の終わりには「チェック(確認テスト)」が出題されます。このテストは教師が採点し、これに合格するとその単元は終了となり、新しい単元に進むか、さらにハイレベルな問題にチャレンジすることができます。不合格の場合には、別の確認テストに進むことになります。

Top Home 資料請求